なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨胡麻~ユ  D」@MENYA 食い味の道有楽の写真1月21日訪問。
スープ…【9.5/10点】濃厚なスープは単体でもかなり美味しいところに、牛ひき肉と胡麻~ユを混ぜていくと更に味がパワーアップして美味しいです。
麺…【8.5/10点】麺は中太で、少し柔らかめの茹で具合。濃厚なスープと適度に絡んで美味しいですね。
具材…【9.5/10点】具は超巨大なスペアリブ、キクラゲ、牛辛ひき肉、胡麻~ユ(胡麻とマー油?)、メンマ、青菜。スペアリブはじっくりと煮込まれたワイン煮(ほとんど食べたことがありませんが)のような、箸で骨から取り外せる柔らかいもので、トマトの風味も感じられつつフワトロで美味しいです。キクラゲはプリプリのものが2つで食感が楽しいですね。牛辛ひき肉は適度な辛味がアクセントになりつつ、胡麻~ユは胡麻のまろやかさと風味、そしてマー油のかなり上品な香りが組合わさって、どちらもスープに溶かすと全く別の味わいになり美味しいです。ちなみに青菜は、同席していたpotiさんとおゆさんによるとホウレン草とのことですが、全くわかりませんでした。。農業関係の職種なので、畑に植えてあれば分かるんですが(゜ロ゜;
感想…具材をスープに溶かして完成するというアイディアはよくある気がしますが、マー油の香りがどうにも癖になって美味しかったです。このスープは半ライスにも当然相性が良く、最後までしっかり楽しめました。どうもごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 21件

「味噌ラーメン(730¥、脂多め、LINE登録にて卵サービス)」@京都北白川 ラーメン魁力屋 茂原店の写真20180121 13:30
茂原サーキット観戦の帰りにチッョト寄ってみた。
今まで気づかなかったが、最近オープンか?
このチェーンは仙台で食べた以来。
噂の茂原J系へ行きたかったが、空腹度低下のため普通にここへ。

リストに記入し10人待ち。
13:50やっとカウンターへ
繁盛ですな。
隣に80歳になろうか老婆が単独訪問。
店員の方、客の扱いも旨い。
時に、老婆「お子様ラーメンはだめですか」 と。
どうするのかなと見ていたが、本日、私も完食自信なき全部入りラーメンを注文。大丈夫か?

今回LINE「いいね」で卵サービスということで即登録、卵get。

久しぶりの味噌味、味噌味としてこれといったメリットは感じず、普通に旨い。
しかし、くるまやラーメンのほうがいいか!
しかし、ここはネギがテーブルにおいてあり食べ放題。
しかし、この青ネギはスープに味が滲み込まず今一。でも沢山入れてなんとか味を出す。

あまり考えずに食べたいときは、チェーン店が楽ですね。
醤油味は如何に?
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ブタ汁なし」@ラーメンBoo Boo太郎。の写真二郎系と聞いていたので、注文は小ブタ汁なしヤサイスクナメニンニクカラメ。小ブタ汁なしまでは食券で、残りは口頭で伝えることになるのだけれど、カウンターの前に頼み方がしっかり書いてあって初心者に優しくて助かりました。

 味は胡椒がかなり効いててパンチのあるもの。一口ニ口三口で、ああー、最高に身体に悪いもの食べてるぅー! って実感が得られます。こういうのもたまに食べたいよね。ニンニクチップや生卵黄が入ってるのもポイント高かったです。とても美味!
 具材は叉焼二枚でいっぱいいっぱい。かなり量があるので、普通に食べるなら麺少なめで良かった。拉麺は具材じゃなくて麺が主役だと思うので、人と来たら叉焼一枚投げて麺を普通で食べたい所。叉焼も野菜も、しっかり味がしてとても美味しかったです。
 ただカラメはやりすぎた感。次行くときはヤサイスクナメニンニクで良いなって思いました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
81

「つけ麺」@(麺)並木商事の写真ドロっと系つけ。圧倒的な粘度を持つドロッとしたつけ汁に、特製の味わい深い太麺が見事にマッチしている。麺はかなり太めのストレートだが、汁がドロドロなので沈めるだけでしっかり絡んで良い。
 トッピングの肉類もとろっと柔らかく、好み。スープじゃなくて麺に乗っているのもポイント高い。

 味は甘い系で意外と食べやすい味、個人的にはもっと濃い方が好きだけど、丁度良いのかも。ただ玉葱が水に晒したりしてないのか、かなり辛かったのが食べづらくて残念でした。玉葱の辛味がダイレクトに来るので、苦手な人は玉葱抜きか少なめでお願いしたい。
 手放しで絶賛はしないけど、定期的に食べたくなる一品でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば」@豚骨ラーメン ぜろやの写真「麺屋がむしゃら」がいつのまにか閉店してぜろやがオープン

この場所でラーメン店を営むには数々の問題点があります

がむしゃらは結構がんばっていました

歴史をたどると、向かいにあった菊屋という食事どころが、地元のオヤジたちの溜まり場でした

昼間から酒を飲み煙草をふかす年配の方々で盛況だったんです

ところが菊屋が閉店して洒落たイタ飯屋に代わると、オヤジたちは行き場を失い、あろうことか向かいのラーメン店に居場所を求めてきました

そもそもラーメンを食べに来る客など通りそうもない商店街です

店にとってもわたりに舟だったかもしれません

気付くと菊屋的ラーメン店となっていました

それにしては普通にラーメンを食べに来る客もそこそこいたんです

もうひとつ言うと、この商店街は夜9時頃に入口のシャッターがしまるので端っこの店以外は、それ以降の営業ができません

これもラーメン店としては痛いところでした

さて、このゼロや

オヤジたちに長居する隙を与えない雰囲気です

そのせいか閑散としています

こうなると味の評判で人を呼び寄せるしかありません

長居するオヤジたちに期待しては前の店と同じ運命をたどるので、これは成功につながる可能性のある唯一の道だと思います

さて、そのお味ですが・・・

コシのある太麺がとてもうまい!

この麺の美味しさだけで十分満たされます

最後に追い飯をいただき、残った具を混ぜて完食

また、来ます!

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺+光麺」@豆でっぽうの写真2018.1.21 12時30分頃初訪問。
満席の外待ち14名、後客12名。
大繁盛だ。
待ち時間に担々麺と光麺をオーダー。
30分位で入店。
7.8分で先ずは光麺着丼。
担々麺から頂きたいので。
2.3分で担々麺着丼。
スープを一口。
濃厚な胡麻味噌とナッツの香りが広がる。
後付けの山椒をひとふり。
また、これはこれで旨い‼️
細麺が濃厚なスープと絡み合いみるみるうちに麺、スープも減っていく。
ここいらで、光麺を頂く。
弾力のある麺。
香辛料、香草が複雑な深い味わいを創る。
角切りのチャーシューにネギがアクセントになっている。
完飲、完食です。
また、来ます。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「背脂ックのせのせ 1,180円 大盛100円」@背脂らーめん 宮本 八日市場店の写真背脂ックのせのせ1,180円
大盛 100円

麺は中太麺
具材はチャーシュー3枚、モヤシ、味玉、ネギ、海苔3枚

1月31日で閉店するという事で「背脂らーめん宮本八日市場店」に行って来ました。

お目当ての「りき二郎」は売り切れで背脂ックのせのせを食べてきました。
具材のモヤシにはおろしニンニク、マー油、背脂がたっぷりとかけられているガッツリ系でした。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「タンメン 680円」@タンメン勝ちゃんの写真平日の12時半前に到着。かなりこの街道を通ることが多くなったが、看板に“タンメン”を冠しているこちらのお店が気になり、この度来店。この時間お店の駐車場はほぼ満車で、停めるのに少し時間を要した。入店して入口近くのカウンターに着席。来店客はほぼ全員男性である。この時期には珍しいランチセットの「具なし冷やし中華」が気になったが、初志貫徹で掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯は透明感のあるスープと具材類は炒められたのではではなく茹でられたように見えるビジュアルである。スープを飲んでみると、優しい味わいの塩スープに出汁がしっかりと効いていて美味しい!特徴的なのは、油分が少なめということとしいたけの出汁が見えていることである。そういえばタンメンにしいたけという具材は今まで出会っていなかったような気がする。このスープに野菜が合っている。野菜はシャキシャキ感も残っているが野菜からの旨みを引き出している味わいで、軽く炒めてその後スープといっしょに茹でてタレと併せたのではなかろうか。クタッとしておらず甘みがあり、美味しい具材達である。具材はキャベツ・モヤシ・しいたけ・ニンジン・きくらげ・ピーマン・ニラ・豚肉といったところである。麺は中くらいの少し縮れている麺で、食べてみるとやや軟らかい茹で加減で、スープに馴染んでいるがややコシが弱いと思った。ボリューム的には満足感があった。最後に卓上の胡椒を使って完食した。

スープと具材に強い一体感があり、特に具材は絶妙な加減で調理されているのではなかろうか。ここにも強い個性が感じられた。しいたけの出汁も特徴的で、味わいに厚みを加えていたが、これがなければやや平板に感じられるのかもしれないとも思った。麺についてはボリュームがあったが、もう少し硬めで食べたいと思った。次回は気になった「具なし冷やし中華」のランチセットでいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「元祖トンミン」@13湯麺の写真2017年12月31日

ここ数年、大晦日はこちらで飲んでますね。

もちろん年越しラーメンも!

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「小ラーメン(ニンニク・アブラ)700円」@ラーメン二郎 松戸駅前店の写真1月中旬、お昼に訪問。先待ち客11名、帰りの待ち客9名。

ラーメン二郎 神田神保町店」は、
想像以上に上質で美味しかった。

今更、二郎が気になり、常磐線松戸駅近くのこちらへ。

写真が沢山のブログはこちらこら↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12346161343.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=cbc0f5858b8c436f8c0861602942bc1e

平日の昼時で、待ち客は11名。

前の方が食券を購入していたので、私も順番で。

ボタンが4つしかない、シンプルな券売機。

小ラーメン、パープルのプラチケをポチリ。

「持ち帰り不可」って、
気持ちは分からないでもないがw

気休めに、自販機で黒烏龍茶も購入。



17分ほどで店内へ。

年季の入った店内。

男性店主さん、男性店員さんの体制。

店主さんは三代目とか。

そして、一ロッド5杯での順次のコール要請。

やや緊張しながら「野菜少なめ、ニンニク、アブラ」をコール。



到着から30分弱で、着丼。

麺量が多いようなので、少なめにしよう。

と思っていたのだが、要請のタイミングが分からず。

食券をボードに載せた後客が申し出ていて、アッ..



それではスープから。

って、一口目はほぼ、液状油..

レンゲはないのです..

マイレンゲ持参は邪道なのかな。

食べ進めると、醤油タレのキレのある塩気、
程好く乳化した豚にカネシの旨味もバランスよく感じられます。

うんうん、二郎って、こんなスープだよなぁ~て感じ。

豚の表現も微乳化はでなく、
程好い乳化具合というのが、ピタッとくるような..



次に麺を。

麺は低加水の平打ち太麺。

ボイルは確り目。

表面積の大きさでスープを拾い、
柔らか目な張りにモチッとしつつ、歯切れも良し。

食べ進めると柔らかさが加速し、
デロデロの手前くらいに。

この麺もイメージする二郎らしさがあると思います。

麺量は体感的には軽く、300gオーバー。

400g近くという噂も。

食べやすい麺だが、量が多い!



具は、チャーシャー、モヤシ、
野菜、アブラ、ニンニクです。

チャーシャーは分厚くて、大きいのと小さめが2枚。

と思ったら、反対側にも同様にあるじゃんか。

しかし、脂身が入っているのは美味しいのう..

他の煮豚も肉の旨味が確りも感じられて、肉々しいです。

こちらのチャーシューは上質ですね。

チャーシューのボリュームにも大満足。

野菜はモヤシ7:キャベツ3くらいでしょうか。

程好いクタリ具合で、直系らしいかも。

麺にも絡めていただきます。

アブラはトロンとしたコラーゲン質で、くどくはなく。

アブラをコールする人が多いのもわかります。

ニンニクのヒリッとした刺激は定番です。



この後の予定もあるので、
無理はせずにお残しして、終了。

こちらは、上品さのある「ラーメン二郎 神田神保町店」とは違う、
ある意味、二郎らしい一杯と感じました。

やはり、コスパがいいね。

ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件