なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
70

「ラーメン小」@五朗笑店の写真千葉県野田市で二郎系を探したら、栄勝軒、麺屋なか邑、五郎笑店と結構たくさんあるじゃないですか!!
と驚いて、少し調べてみると、この三店舗は兄弟店みたいなんですね
と言っても、それぞれテイストは違うようです
https://ameblo.jp/tattoolife0328/
手始めに自宅から一番近い、五郎笑店に訪問してみました
外観はいかにも二郎系らしい黄色と黒!でも新しくてきれいです
駐車場は徒歩3分ぐらいのところに6台ほど確保してあって、車でのアクセスも安心です
食券制です
ラーメンの他に、つけ麺とまぜそばもあって、これは何回も訪問しないといけなくなっちゃいました〜
今回は
ラーメン小750円+豚150円をチョイス
店内はカウンターのみで、二郎系にしては珍しくポップな柄のカウンターテーブルです
テーブルから厨房を遮るものが何もないので、店主さんの動きが丸見えで、自分のラーメンが作られる一部始終を初めて見ることが出来ました
店主さんはかなり穏やかな感じの腰の低い方です
トッピングは、ヤサイちょいマシ、ニンニクマシマシ、アブラマシ
まっ事10分ちょい、着丼です
先日の豚のジョーに引き続き、ヤサイちょいマシにして良かったです。普通にマシにしちゃったら、とてもじゃありませんが、この51歳のオッサンには食べられません
スープは、こういうのを非乳化と言うのでしょうかね、醤油が強めで、かなりアッサリとしたタイプ
ヤサイの上にドーンと乗っているアブラも、甘みが少なく、見た目に反してかなりアッサリとした感じで、テーブルの上の醤油タレのようなものを回しかけて、ちょうど良い塩梅です
豚は、バラとウデの二種類が選べるようで、せっかくなのでそれぞれ一枚ずつお願いしました
バラは四角く切られていて、食べごたえありそうでしたが、口の中でホロホロと崩れる柔らかさ、対して腕は、小ぶりでこれも食べごたえありそうでしたが、口の中でホロホロと崩れる柔らかさ
どっちも同じでした(^_^;)
味はバラの方が良くしみていたかなー?
ヤサイを食べ終わって、やっと麺とご対面!
他のレビューでは、ゴワゴワだとか書かれていましたが、中太より少し太めで、
腰はしっかりとありますが、ストレートに近く、決してゴワゴワしたようなものではない啜りやすいタイプでした
途中で、卓上の胡椒や辛味を入れて、味変しながら完食!!
醤油の町野田らしく、豚骨でありながらかなり醤油感があるラーメンでした
お腹いっぱい、ニンニクいっぱいです(^o^)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。