なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「道有楽つけ麺」@MENYA 食い味の道有楽の写真いつかも書きましたが、ラーメンってヒステリックな食べ物だと思うのです。積極的にヒステリックであるべきだと。

日本食って蕎麦とか、寿司とかとても洗練されたスタイルを持つものが多いですが、それもある意味ヒステリックだと思っています。突き詰めて、研ぎ澄ます的な。

ラーメンも最近そういった向きがありますが、やはり個人的にはマグニチュードが大きい、何かガツンと突き抜けたヒステリックさを持つ店が好きです。

五年前に初めてこちらに来たときに感じたのは正にそのマグニチュード。北海道からでてきた私には全てが衝撃でした。今でこそやっと北海道も多様なラーメンが食べられるようになりましたが、当時はまだまだラーメン後進国でしたから。


久しぶりに来訪した今日はいつも通りつけ麺をオーダー。久しぶりなのにおぼえていてくれて、なんかいろいろ頂いてしまいました。お茶とか、卵とか。

10分弱待って着丼。麺の水切り、冷やし、緊張感は相変わらずです。

スープから頂きます。豚骨魚介を最大マグニチュードにしたらこの味だろうなという濃厚極まりないスープ。麺に絡まりが良さすぎて、どんどん減っていきます。豚骨魚介は数え切れないほど食べましたが、間違いなく私の基準はここの豚骨魚介です。濃厚極まりない中にも調和が確実にあるのです。

麺はワシワシ系の太麺。顎に響きますが、喉を通る感覚が気持ちがいい。

このお店の好きなところに、味変アイテムがたくさんあるのです。魚粉、お酢、まえはゆず酢もありました。味変させてくれないお店が多い中で、正直に嬉しいです。


美味しかった。またきます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。